寝るときはベッド?布団?

日本では、ベッド、布団などで寝ているのが一般的だと考えられています。

ベッド派と布団派の比率を調べてみると、なんと約半数ずつであるということが確認できました。

詳細は以下サイトより

布団派とベッド派は約50%ずつ アンケート調査 – ホームリビング (homeliving.co.jp)

では他の国ではどうでしょうか。

具体的な情報がありそうなところだけ調べてみました。

パラオ

布団もベッドもどちらも使うようです。(私の姉の情報。姉がパラオに2年ほど仕事住んでいました。)

しかし、富裕層の方はベッドを利用する方が多いようです。

欧米

私の姉は多国籍でして(本当ですよ!(笑))、ドイツにも居たことがあるのですが、

やはり欧米はベッドを利用する方が多いです。

私もアメリカにいた時に布団を利用している方は見たことがありません。

中国

中国ではベッドを利用する方が多いです。

おそらく、土足文化や国土が広いということもありベッドを利用する方が多いようです。

なぜ日本では布団を使う人が多いのか

それは、日本の「国情」によるものだと言われています。

土地が狭く家が小さくて天井が低い日本では、ベッドを置くと圧迫感があります。

さらに地震が多発する日本では、床で寝たほうが安全ですぐに逃げられることも、ベッドが普及しなかった理由ではないかと考えられています。

国々によって様々な理由があるようですね。