布団の中綿 

ふとんクリーニングでは、通常は布団の中綿を洗うことを考えてクリーニングしております。

羽毛、綿、ポリエステルなど布団の中綿には種類があります。

やはり羽毛が一番保温性に優れており、人気がありますが、昨今ではポリエステルの商品もあります。

布団の中綿について更に調べてみました。

羽毛

羽毛のメリットは、

・吸湿性と放湿性に優れている

・綿やポリエステルなどと比べて、保温性がある

・軽い

などがあり、やはり他の素材と比べても良いメリットが多いです。

しかし、デメリットとしては、

・他の素材と比べて、高価な品物である。

金額的なデメリットはありますが、値段をとるか質をとるか、といったところですね。

布団のクリーニングとっても、外面の生地が傷んでいる羽毛布団を除けば、羽毛布団のほうがクリーニングをしやすいのかもしれません。

※生地が傷んでいると、中の羽毛が出てくることにより、修理しなければならない場合もあります。

綿

和布団にはよく綿が使われています。

綿布団とも言われますが、メリットは

・安い

・羽毛ほどではないが吸湿性、保温性に優れている

などあります。あと、夏は涼しく、さらに冬場は暖かいというメリットもあります。

適度な硬さが寝返りも容易にし、弾力性が寝姿勢を正しい状態に保つのに役立ちます。

デメリットは、

・重い

・臭いがつきやすい

などあります。

ふとんクリーニングでは、生地が染めてある品物の場合ですと、水洗いをすると色落ちする場合がございます。

お断りするクリーニング店もございますが、当店では大バッグの商品であれば受付しております。

ポリエステル

こちらはポリエステル繊維を顕微鏡から見た画像ですが、ポリエステルは様々なかたちで利用されています。

布団の中綿にも使われていますが、下記のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

・軽い

・安い

・昨今では防ダニ加工、消臭加工など機能性加工されているものが多い

デメリット

・吸湿性がないので蒸れやすい

・へたりやすい

実は、ポリエステル素材の布団をクリーニングする上では、注意が必要です。

ポリエステルの掛け布団ですと、羽毛布団にそっくりなものが多いです。

間違ってタンブラー乾燥してしまうと、中のポリエステル綿がよってしまい取り返しがつかないことになってしまいます。

注意が必要です。

まとめ

布団の中綿について紹介させていただきました。

一番最初にも書きましたが、布団クリーニングでは汗や汚れを吸っている中綿を洗うことを考えてクリーニングしています。

もちろん丸洗いをしますので、外の生地もキレイになります。

今までふとんクリーニングを試したことがない方は、1月末まで1周年記念セールを行っていますので、ぜひご利用ください。