家で布団を洗う注意点

 

最近では自分の家で洗える布団も増えています。

布団は思っている以上に汚れていますので、自宅で洗いたい時に洗えれば便利ですね。

しかし、私もそう思って自宅ではありませんが、敷布団をコインランドリーに出して布団をダメにしたことがあります。

中綿がよってしまい、奥さんにかなり怒られてしまいました。(笑)

このようなことも踏まえて、布団を自宅で洗うことについて何点か注意点があります。

1.洗濯表示に注意

このようにすべてバツが付いていると自宅で洗うのは難しいです。

このマークが付いていれば洗えるかと思いますが、他の洗濯表示に書いてある部分もしっかりと確認したほうがいいです。

2.厚みのある敷布団を洗うのが難しい

掛け布団は洗えることが多いですが、敷布団は厳しいです。

自宅の洗濯機では布団が入らないですし、干すのも難しいです。

かと言って、コインランドリーに持って行っても私のようなミスを起こす可能性もあります。

3.乾燥はしっかりと

水洗いをしますので、乾燥は時間をかけてしなければなりません。

コインランドリーの乾燥機を使うのも手かもれません。

しっかり乾かさないと、生乾きや悪臭の原因になります。

天気予報も確認して、計画的に洗濯することをおすすめします。

まとめ

布団は洗えるだろうと安易に考えてやってしまうと、私のように布団をダメにしてしまう事故に繋がってしまいます。(笑)

しっかりと布団の洗濯表示を確認することや、乾燥する段取りも計画することが大切です。

洗えない布団があれば、布団クリーニングを受け付けているクリーニング店にだしましょう。

ちかくにそのようなクリーニング店がなければ、当店のような宅配クリーニングをしているクリーニング会社がおすすめです。