クリーニングとコロナ

2020年の始まりと共に今年は新型コロナウイルスが世界中に蔓延しています。

問題なく完治するようなワクチンや治療は、まだ出てきていないため非常に大変な生活を強いられていますね。

ここ糸魚川でも1人感染者が出てしまいましたが、その後は感染者の確認はありません。

クリーニング業界でもコロナウイルスの影響は非常に大きいものです。

どのようなことによる影響が大きいのか。

1.在宅ワーク(テレワーク)によるカジュアル化

テレワークを推進する会社が増えたことによって、スーツやワイシャツなどの服を着る方が大幅に減ってしまいました。

特にワイシャツのクリーニングは激減しており、ワイシャツの売上を頼りにしているクリーニング企業は危機的な状況だと思います。

会社へ出社する方も増えてきているので、徐々に回復しつつある傾向にありますが、以前のように戻るかと考えるのは難しい状況です。

2.冠婚葬祭の縮小

結婚式やパーティーなどは激減しました。

結婚式にはドレスやフォーマルな衣装を着ますが、そのような機会がないと着る機会がなく、クローゼットに眠ったままとなってしまいます。

更に、葬式や法事なども縮小や延期となってしまい、礼服や喪服を着る機会も減ってしまいました。

ドレスや礼服などの衣類を着る機会がなければ、自然とクリーニングを出す機会も減ってしまいます。

3.会食の激減

外食をする方が減ったという報道はテレビでも多く取り上げられました。

しかし、意外にも衣類も外食とは関連しています。外食をせずに自炊をする人が増えれば、部屋着のままで済んでしまい外出着を着る機会も減ってしまいます。

しかも汚れないため、クリーニングは出さずに済んでしまいます。

まとめ

コロナウイルスが終息するのはいったいいつなのか、1~2年かかるとも言われていますが、明確な答えはわかりません。

新型コロナウイルスの影響はクリーニング業界だけでなく様々な業界に悪影響を及ぼしています。

このコロナウイルスによる影響に柔軟に対応するか、対応できずに終わってしまうかは各々の努力しだいです。

なんとかこの100年に1度の危機を乗り越えたいと思います。

 

前の記事

アクリルとは