布団からの悪臭対策

だんだん朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね。

寒いから毛布や羽毛布団を出したその時、なんか臭い・・・

これはカビや汚れがそのままになっていると起きてしまいます。

なんと、人間は寝ている間にコップ一杯分の汗をかき、年間でいうとペットボトル144本分もの汗をかいていると言われています。

では、布団からの臭い対策にはどのようにすればいいでしょうか。

1.布団をしまう前に天日干し

冬布団から夏布団にかえる時には、しっかり羽毛布団などは天日干しをしてしまうことが重要です。

布団はけっこう湿気を吸い込んでいますので、しっかり乾かしてから保管することをおすすめします。

※注意※

・ただこれではダニ対策にはなりません。天日干ししても、ダニは布団の中に隠れてしまうだけです。完全にキレイな布団を使いたい場合は、布団クリーニングすることが一番です。

・布団たたきを使うのはNGです。布団たたきを使うことで、ダニが更に布団の中に入ってしまったり、布団が傷んでしまう原因になります。

2.布団カバーを洗う。

案外、布団が臭う原因は布団カバーや枕カバーが汚れているだけかもしれません。

特に夏の暑い時は汗をかくので、1週間に1度ぐらいは洗濯するほうがいいです。

3.布団クリーニング

一番最適な布団クリーニングです。布団を水や専用の洗剤で水洗いしますので、布団の中からすっきりキレイになります。

しかも、高熱での乾燥工程がありますので、ダニもほぼ完全に死滅します。

まとめ

布団から悪臭が出てしまう前に対策をすることはたくさんあります。

まず、清潔な暮らしをしていけば嫌な布団の臭いは避けられます。

時間がない場合や高層マンションなどで干す場所がない場合は、布団クリーニングを利用することもおすすめです。

最後に、

こちらのブログを見ていただいた方にだけ、今だけ布団クリーニング500円OFFクーポンをプレゼント!!

ご注文の際にこちらのクーポンをご利用ください。

「2020futon500」

よろしくお願いいたします。(^^)/