ポリエステルとは

私たちの服の品質表示タグを見ると、よく書いてあるのが「ポリエステル」かもしれません。

このポリエステルは加工によって、吸湿速乾や透湿防水などの機能が出せます。それもかなり高機能で耐久性が高いものです。

ポリエステルは安いものでは風合いが良くありませんが、極細繊維(髪の毛の数千分の一程度)、減量加工、起毛加工等で高価なポリエステルは風合いも良いです。

詳しくポリエステルについて調べてみました。

ポリエステル繊維

ポリエステル繊維は、化学繊維としてはアクリルと並んで最も使用量・生産量の多い繊維です。化学繊維の中でも石油等、化学的に合成された原料のみから作られる「合成繊維」に分類されます。

代表的なポリエステル繊維の種類

ポリエチレンテレフタレート

ペットボトルの原料としてもよく知られるが、繊維としては衣服のほぼ半数がこのPET繊維。耐熱性、強度ともに優れており、軽くて染色性もよい。糸の形状を製造時に変えたり、他の素材を練りこんで特殊な性質を持たせることも可能。原料価格も安い。

ポリエチレンナフタレート

PET繊維よりも強度に優れる。またガスバリア性、紫外線バリア性が高く、酸素や水蒸気が透過しにくい。このため、フィルムとしての利用もなされている。

ポリトリメチレンテレフタレート

高い伸縮性をもち、形状安定性、形状記憶などに特徴がある。また柔らかい肌触りであるため、肌に直接触れる衣類としても使われる。

ポリブチレンテレフタレート

伸縮性に優れたポリエステル繊維ですが、PET繊維に比べ生産量が限られています。

ポリエステルはメリットだらけに見られますが、デメリットも

~メリット~

・型崩れやシワになりにくいので、洗濯をした後でもノンアイロンのままでできる素材のものが多い。

・湿気を吸い込みにくく、水に濡れても乾きやすい。

・カビや虫食いの被害にあいにくい。

~デメリット~

・油性の汚れがつきやく、とれにくい。

・静電気がおきやすい。

・毛玉ができやすい。

まとめ

ポリエステルはメリットだけではなく、デメリットも多いようです。

メリットだけを信じて定期的なメンテナンスを行わないと、高い衣類も長く良い状態では保てません。

定期的にクリーニングなどをして、キレイな状態にしておきましょう。