衣類の大敵 カビ対策

ジメジメした日が続くと、家の中に湿気がこもり、カビの原因になります。

衣類にカビがついたまま放置しておくと、脱色や生地が傷む原因ともなります。

衣類を清潔に保っていても、家の中にカビの原因が多ければどうにもなりません。

カビ対策として、何点か確認しておきましょう。

1.洗濯機

洗濯機は毎日使うのでキレイです! というのは大間違いです。洗濯槽の除菌をしないと、上の画像のように洗濯槽にカビが生えてしまいます。

洗濯機は使えば使うほど、洗濯機の中にゴミがたまります。定期的に除菌することをおすすめします。

2.エアコン

エアコンも湿気が多いところでフィルターにホコリをついたままにしておくと、カビや汚れの原因となります。

エアコンは想像すると怖いですが、カビが生えたままほうっておく、カビをまき散らしてしまうことになりますので臭いや汚れが気になったらエアコンクリーニングしましょう。

3.布団

毎日使うふとん。人間は寝ている時に年間でペットボトル144本分ほどの汗をかくと言われています。

布団は毎日湿気を吸っているようなものです。天気が良い日は、布団を干して乾燥させましょう。

布団を干す場所がない、収納する場所がない方はヤマトヤクリーニングにお任せください。布団クリーニングには保管、圧縮のオプションがございます。

まとめ

他にも定期的な換気、掃除、除湿機を使うなど様々な方法があるかと思います。

カビ対策を怠ると、衣類や布団だけでなくアレルギーや健康を害する恐れがありますので、しっかりと対策しましょう。

次の記事

汗臭い衣類の対策